治療費について

自分自身が交通事故の被害者となってしまった場合、治療費はどのように支払うのでしょうか。まず、交通事故で怪我をした場合は、原則として治療を受ける被害者自身に請求します。病院によっては、加害者が加入している保険会社に、直接治療にかかる費用を請求する場合もあります。ただ、交通事故の被害者が治療にかかる費用を払う必要はないため、もし治療の費用を請求された場合は、病院に加害者の保険会社に相談する旨を申し出ると良いでしょう。ただし、怪我の度合いや過失の割合によっては、保険会社から治療にかかる費用が支払われない場合があります。その場合は、一旦被害者側で治療にかかった費用を立て替え、加害者に請求すると良いでしょう。その際、必ず領収書をもらうとともに、自分が加入している健康保険を使うようにしましょう。万が一、加害者が治療にかかった費用の支払いに応じなかった場合でも、自分が加入している任意保険に「人身傷害補償保険」を付帯している場合は、保険会社から治療にかかった費用が支払われます。いざという時のためにも、人身傷害補償保険をつけておくことをおすすめします。もし、人身傷害補償保険をつけていなかった場合は、健康保険を活用して少しでも自己負担額を減らしましょう。

Comments are closed.