立て替えた場合の保証額とは

交通事故の被害者として病院にかかった場合、最終的には加害者側が加入している任意の自動車保険などから保険金が支払われ、ケガの治療費などにあてられることになります。
しかしながら、そうしたお金が入金される前の段階であれば、病院側としては実際に病院の支払い窓口に来た人に対して料金を請求するのが一般的ですので、被害者がいったん立て替えて支払うようになります。
病院によっては加害者側に直接請求してくれる場合もないわけではありませんが、事務手続きが面倒などの理由で必ずしもそうはならないのが実情です。
このような場合であっても、もし被害者側で自動車保険の人身傷害保険などに加入していれば、その保険からケガの治療費などが保険金として下りますので、まずは加入している自動車保険の契約内容を確認することが大切となります。
また、加入している健康保険を使って窓口負担を安くできるかどうかですが、健康保険には第三者求償制度といって、いったん健康保険の適用を受けて治療したとしても、後から健康保険組合が加害者に対して請求する制度が設けられていますので、まったく不可というわけではありません。ただし、その場合には会社を通じて組合に対して所定の届出をしておく必要があります。

Comments are closed.