交通事故と労災保険

仕事をしている最中や通勤の最中に交通事故にあった場合については、労働者災害補償保険法と呼ばれる法律にもとづく労災保険の適用対象となります。
そのため、会社を通じて請求をすることによって、ケガの治療費の支払いや、ケガによって会社を休業した期間の収入の一部の補償などを受けることができます。
ただし、通勤時の事故については、一般的に会社に行くために用いられている経路の途中で発生したものであることがポイントとなるため、多くの会社では社員に通勤届を提出させ、あらかじめ地図上に経路を描かせるなどして特定をしています。
また、事故の相手方が自動車であった場合については、相手方の自動車に対して法律上の強制加入となっている自賠責保険から、所定の治療費や入院費などが同様に支払われることになります。
このような場合については、労災保険と自賠責保険の二重請求となってしまいますので、制度上は自賠責保険から所要の賠償金を受けた場合については、原則として労災保険への請求は通常は認められません。
もっとも、自賠責保険による損害賠償金の金額のほうが大きく、支払いも迅速であることから、このようなケースが生じるのは稀であるともみられます。

Comments are closed.