交通事故における健康保険

交通事故で治療を行なう際には、健康保険は使えないと医療機関から言われることがありますが、これは正しくありません。法律の条文で使えないと書いてあるものはありません。医療機関がそのようなことを言うのは、保険なしで治療を行なう場合は、自由診療と言って医療機関が自由に治療費を決められるからです。当然ながら、自由診療の場合は、健康保険よりも高い治療費を設定するため、医療機関が儲けるために保険は使えないと言うわけです。被害者に全く過失がなく、加害者が自賠責保険と任意保険に加入している場合は、治療費が幾ら掛かったとしても被害者には何の不利益もありません。ただ、被害者に過失があってケガが大きい場合や加害者が自賠責保険や任意保険に加入していない場合は話が変わってきます。被害者にも過失がある場合は、その過失相当分が賠償金から差し引かれます。このため、治療費が高額になる程、被害者の負担が大きくなってしまいます。また、加害者が自賠責保険や任意保険に加入していない場合は、加害者本人が被害者の治療費を負担することになりますが、加害者に資力がなければ高額な治療費は被害者が負担しなければならなくなります。このような場合は、事故であっても健康保険を使いましょう。

Comments are closed.