第三者求償とは

「第三者求償」というのは、相手のある交通事故によって被害に遭った健康保険の被保険者が、健康保険を適用してケガの治療などを行った場合について、加入している健康保険を所管する自治体や組合などが、先に被保険者に対して給付した金額に見合った金額を、加害者である第三者に対して請求することをいいます。
そもそもこうした事故の場合、被害者である被保険者の治療費などを負担する義務があるのは加害者のほうですので、加害者が加入している自賠責保険やその他の任意の自動車保険から損害賠償金が支払われるのが通例です。しかしそれでは治療のための費用が待ち合わないという場合も当然のこととして存在しますので、先に健康保険から必要な給付を行った後、被保険者に代わって自治体や組合などが加害者への請求を行うという方式が認められているのです。
この場合、「代位取得」といって、被保険者が加害者に対してもっている損害賠償の請求権を、自治体や組合が引き継ぐことになります。そのため、今後一切の請求を加害者・被害者双方が互いに行わないという内容の示談に安易に応じてしまった場合には、治療費などの請求権を自治体や組合が引き継ぐことができなくなってしまいますので要注意です。

Comments are closed.