賠償金と保険金額

自動車での交通事故に関連する保険は、車の所有者は必ず加入しなければならない「自動車損害賠償責任保険」と、所有者が任意に加入する「任意保険」の2種類があります。前者は縮めて「自賠責保険」と呼ばれることが多く、原動機付自転車を含め、全ての車の所有者は加入する義務があります。この保険は、あくまで最低限の補償を受けるためのもので、人身事故の場合のみ賠償が行われます。物損事故に対する保証は一切ないため、交通事故を起こして相手の車やバイク、自転車などを壊した場合も、修理代金は一切支払われません。また、事故に相手に傷害を負わせた場合、120万円を限度額として賠償が行われます。この金額の中には、相手の治療費や看護料金、入院する際の雑費、そして相手が仕事を休むことによって被る損害の補償(休業損害)が含まれます。また、相手を死亡させてしまった場合は、3000万円を限度額として賠償が行われます。この金額には、葬儀費用や相手の遺族への慰謝料などが含まれます。一方、後者は自賠責保険では賄いきれない部分を補うもので、前者と異なり必ず加入しなければならない訳ではありません。しかし、死亡事故の場合、賠償金が数億円単位にのぼるケースも少なくないため、車の所有者のほとんどは何らかの任意保険に加入しているのです。

Comments are closed.