賠償金と差し引き

勤務時間中や通勤の途中で不幸にして事故にあってしまった場合には、労災保険の適用対象となりますので、会社の総務部などを通じて請求をすれば、ケガの治療費や休業補償などとして労災保険から所要の額の給付を受けることができるようになっています。
しかしながら、ひとくちに労災保険の適用対象とはいっても、仕事中に高所から転落したといった事故のほかに、路上で車にはねられるといった、いわゆる交通事故のケースも想定されます。
このような自動車事故の場合には、すべての自動車が強制的に加入させられている自賠責保険から、被害者救済のために損害賠償金にあたる保険金が給付されるのが通例です。
自賠責保険からの保険金を受け取った場合、その内訳としては純粋な慰謝料のほかにも治療費や休業補償といった、労災保険による給付と同様のものが含まれていますので、そのままでは二重取りとなってしまいます。
このようなときには、被害者である社員は「第三者行為災害届」と呼ばれる書類を会社に提出して、保険金として受け取った金額を明らかにする必要があります。
労災保険の給付は通常は自賠責保険よりも後から行われますので、すでに自賠責保険で支払い済みの金額を差し引きして支払われることになります。

Comments are closed.